男として生まれてキテこの国を知らないで死ぬのはソン



プロフィール

カリボ大佐

Author:カリボ大佐
懲りないフィリピン中毒者の痛いオヤジブログ



カテゴリ



最新記事



最新コメント



月別アーカイブ



最新トラックバック



御訪問ありがとうございます!



只今御覧くださっている方

現在の閲覧者数:



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近思うこと
先月だったかな?安部総理が外国人労働者の受け入れを拡大するという?
、日本政府は深刻な労働力不足を補うため、外国人労働者の受け入れを拡大する緊急措置を決定した。具体的には「外国人技能実習制度」において、これまで3年間だった技能実習期間の終了後、さらに3年業務に従事することを可能にする

・・・・この技能実習制度というのが良くないのです。以前オイラはとある運送会社におりました。
出向で取引会社の鶏肉加工会社に勤務、そこにフィリピンからの実習生が沢山おりました。全てが女性?
彼女らは朝6時30分から出社、定時は5時、手取りで月に7万円くらいで別途で残業は1時間500円つくらしい・・・

仕事内容は普通のパートさんと同等、給料は半分です。フィリピン国内で月7万円なら高給取りでしょうが?
日本で暮らしながらでは、かわいそうに思えました。寮費は無料とのことですが、この制度はちょっと変です。
彼女らは1年で帰国しておりました。その理由は2年目からは社会保険に加入させないといけなくて
会社の負担が重くなるからという、そのため1年ごとに新たな実習生を呼ぶとのコトです。

給料減らしの手段として実習生を呼んでいる風に思えてなりません。幸いだったのは、この会社の専務は
フィリピ~ナ好きで実習生達の面倒をポケットマネーで見ていておりましたから、他の実習先より良かったかも?

以下他の記事から拝借

【本制度の沿革】
 ロイターによれば、現在本制度で実習を行っている約15万人の殆どが中国人であり、衣料産業や農業が中心である。1993年に開始されたこの制度は本来、日本企業が海外進出する際に現地で採用する労働力の確保を主眼とするものだったという。

 だが、ウォール紙によると、低賃金による非人道的な労働条件で搾取された労働者が、雇用者に対して暴力を加えたり、殺人事件すら起きているという。また、ロイターによれば、奴隷労働につながるということで、2010年には国連から本制度を廃止すべしとの意見も出ていた。

【アベノミクスのパラドックスに対する処方箋】
 ブルームバーグのコラムニスト、ウィリアム・ペセク氏は今回の措置について、このままでは成功は見込めないだろうと述べる。

 外国人の多くは日本人より給料が安く、震災復興やオリンピック建設の特別手当もないし、本国には仕送りもしなくてはならず、労働者本人が日本で使える額はさらに減る。結局、外国人の雇用は日本企業にとって給料を減らすための手段に過ぎない。これでも外国人労働者を呼べるなどと考えるならば、それはアベノミクスの「パラドックス」であるという。

 日本が多くの外国人労働者を惹き付けるには、優遇税制や、リスクを厭わず挑戦できる若者を育てるような教育改革を含む規制緩和、コーポレートガバナンスのグローバル化、年功制廃止などの実現が必要だと同氏は主張。「日本にやって来る人々の能力をきちんと評価するようにしなくてはいけない」と結んでいる。

タレント達も月4万円という低賃金で一日8時間、それでもお客様のチップ等がありますが、この低賃金が・・・
お客様を騙したり、売春行為に繋がってしまうのでは?と思ってしまう。お店は月に一人30万以上をプロモーションに
払っていますし、その他寮費、高熱費、食事代も・・・・最近では高額の出演料のため店内各所にカメラを設置し
お客様からのチップをお店が摂取してしまうクラブもあるとのコト。

研修制度もタレント制度も・・・・アメリカあたりから人身売価の汚名をつけられても仕方ない!
もう少し制度を変え、中間業者をとうさず、直接雇用できればと思うこのごろです。

これではフィリピン人のビザが免除になったら・・・・どうなる?
フィリピン人は単なる観光よりも仕事を探していますから?


スポンサーサイト

アフィリエイト・SEO対策

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。